M&A買収案件、企業買収情報等の情報掲載(25)

Fotolia_54398217_M1

会社,事業の売却をご検討のお客様へ 買収希望案件一覧


更新日案件番号業種業種詳細地域規模その他条件予算
2018.02.09CA1775飲食店舗多店舗展開しやすい業態であること不問東京・千葉・神奈川・埼玉であれば立地が良ければ1店舗から検討、その他の地域は数十店舗以上10億円
2018.02.08CA1774不問技術系は除く関東1億円
2018.02.07CA1773製造卸中国で製造委託して卸業を行っている会社・事業関東1億円
2018.02.06CA1772パーソナルモビリティ等自動車系新興EV、パーソナルモビリティ国内、海外
2018.02.05CA1771ホテル業不動産保有の有無は不問東京・千葉・埼玉・神奈川50億円
2018.02.02CA1770建設関連①設計・施工管理②戸建てハウスメーカー東京・千葉・埼玉・神奈川50億円
2018.02.01CA1769不動産関連①不動産業②不動産保有会社③賃貸管理及び建物管理業④マンション管理業東京・千葉・埼玉・神奈川100億円
2018.01.31CA1768自動車買取・販売事業中古自動車の買取・販売事業、新車販売、自動車整備工場東京・千葉・埼玉・神奈川複数店舗運営
2018.01.30CA1767建設・不動産関連全国(首都圏、東海道、関西圏、名古屋圏が望ましい)不問
2018.01.29CA1766建築・工務店住宅ではなく、食品工場などの改修や内装工事関東圏・近畿圏・中部地区・福岡、北九州
2018.01.26CA1765冷凍機技術メーカー・マテハンチラー技術、精密空調技術、低温&解凍技術、マテハン関係関東圏・近畿圏・中部地区・福岡、北九州冷凍機を使用した機器の製作、物流の効率化・自動化等の機器システム等。
2018.01.25CA1764冷熱関係商社三菱・日立代理店、冷熱専門商社関東圏・近畿圏・中部地区・福岡、北九州一次卸、できればエンドユーザーとの接点があると尚良。
2018.01.24CA1763プラント設備業吸排気・陽圧設備、冷熱配管設備、低温設備、電気設備関東圏・近畿圏・中部地区・福岡、北九州資格者がいる、現場管理ができる、設計・製図ができる、協力業者が多いこと。
2018.01.23CA1762管工事業冷熱配管設備、電気設備、アフターメンテナンス、低温設備、空調設備関東圏・近畿圏・中部地区・福岡、北九州年商4~5億円以上エンドユーザーの接点を持っている、資格者がいる、平均年齢が若い、アフターメンテ対応が充実していること。
2018.01.22CA1761コールセンター東京・神奈川近辺年商5~10億円程度
2018.01.19CA1760お弁当工場首都圏中小規模
2018.01.18CA1759酒類関連事業酒販店、酒類を扱う飲食店、酒類WEBメディア、酒類EC,酒蔵など、酒類関係であれば幅広く検討不問(できれば都心・新宿~渋谷~池袋)不問10億円
2018.01.17CA1758物流物流周辺事業も検討日本・アジア圏・ヨーロッパ圏・北米圏不問
2018.01.16CA1757電子部品・機器メーカー車載モジュール、民生入力機器、産業機器等日本・アジア圏・ヨーロッパ圏・北米圏
不問
2018.01.15CA1756物流・倉庫一都三県中小規模
2018.01.12CA1755翻訳一都三県中小規模
2018.01.11CA1754教育サービス留学斡旋、保育園等一都三県中小規模
2018.01.10CA1753WEB制作一都三県中小規模
2018.01.09CA1752化粧品受託生産不問
不問(年商数十億円程度まで)
2018.01.05CA1751医薬品製造不問不問(年商数十億円程度まで)

上記以前の買収希望案件一覧はこちら
買収希望案件一覧(24)(23)(22)(21)(20)(19)(18)(17)(16)(15)(14)(13)(12)(11)(10)(9)(8)(7)(6)(5)(4)(3)(2)(1)

(クラリスキャピタルのブログ記事一覧はこちら

M&A仲介・アドバイザリー会社クラリスキャピタルは資本金を6,000万円に増資いたしました

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

この度、クラリスキャピタルはお客様の信頼に応え、M&A仲介・アドバイザリー事業をより一層発展させるために、2017年10月に行いました100万円から1,000万円への増資に続きまして、下記の通り増資を実施致しましたのでお知らせいたします。

増資前の資本金: 1,000万円
増資額: 5,000万円
増資後の資本金: 6,000万円
増資実行日: 2018年2月16日

今後も確かな専門性とよりきめ細かなM&Aアドバイザリーサービスをご提供できるよう、クラリスキャピタルのメンバー一同、一層精進してまいりますので、今後とも変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

(クラリスキャピタルのブログ記事一覧はこちら)

2017年、小規模市場M&Aアドバイザーランキングへのランクイン

このたび、クラリスキャピタルはトムソン・ロイターが発表した2017年の『Small-Cap M&A Financial Advisory Review Full Year 2017』におきまして、

M&Aファイナンシャル・アドバイザーとして案件数ベースでランクインいたしました。
(21ページ目に記載されております)

クラリスキャピタルは引き続き、お客様の気持ちに寄り添い、真摯に、誠実に、よりよいサービスをより安く、よいご縁づくりをさせていただくべく、鋭意精進して参ります。

(クラリスキャピタルのブログ記事一覧はこちら

M&Aクロージングを実現した計算機メーカー案件のご紹介

こんにちは。M&A仲介・アドバイザリー会社のクラリスキャピタルです。

先日、計算機メーカー様の案件がクロージングを迎え、PEファンド様への株式譲渡が完了致しました。

本件に着手したのは、2017年7月下旬でございました。
そこから、成約(クロージング)まで、およそ6ヶ月かかりました。

今回、クラリスキャピタルは買主様のアドバイザーを務めさせていただきました。

クラリスキャピタルは、今後もより良いご縁づくりを目指して、誠心誠意、心を込めてM&A仲介・アドバイザリーサービスを提供して参ります。

M&Aマーケット:M&A仲介クラリスキャピタル、インタビュー記事掲載

こんにちは。M&A仲介・アドバイザリー会社のクラリスキャピタルです。

先日、理想の売り手企業・買い手企業を日本全国から探すことができる、日本最大級の会社売買情報サイトを展開するM&Aマーケット弊社代表のインタビュー記事が公開されました。

代表の牧野は、下記の質問について回答しております。

-独立に至った経緯は
-クラリスキャピタルはどのような会社なのか
-現在、ご相談の多い事例は何か
-クラリスキャピタルの強みは何か
-リーズナブルな料金体系を実現できるのはなぜか
-M&Aサービスの流れとは
-M&Aのメリットは何か
-M&Aをご検討されている方へ、アドバイスやメッセージはあるか

ぜひ、ご覧いただけますと幸いです。

(クラリスキャピタルのブログ記事一覧はこちら

記事一覧2018

2018年2月20日  M&A買収案件、企業買収情報等の情報掲載(25) http://clarisc.co.jp/blog/buy25/

2018年2月13日  M&A仲介・アドバイザリー会社クラリスキャピタルは資本金を6,000万円に増資いたしました http://clarisc.co.jp/blog/info/capital/

2018年1月23日  2017年、小規模市場M&Aアドバイザーランキングへのランクイン http://clarisc.co.jp/blog/info/thomson2017_4/

2018年1月16日  M&Aクロージングを実現した計算機メーカー案件のご紹介 http://clarisc.co.jp/blog/info/keisan/

2018年1月12日  M&Aマーケット:M&A仲介クラリスキャピタル、インタビュー記事掲載 http://clarisc.co.jp/blog/info/ma-market/

2018年1月10日  M&A買収案件、企業買収情報等の情報掲載(24) http://clarisc.co.jp/blog/buy24/

★すべての記事一覧はこちら

M&A買収案件、企業買収情報等の情報掲載(24)

Fotolia_54398217_M1

会社,事業の売却をご検討のお客様へ 買収希望案件一覧


案件番号 業種 備考
CA1750 化学関連 業種詳細:有機化学、無機化学関連会社
地域:不問
規模:不問(年商数十億円程度まで)
CA1749 不問 地域:不問
規模:EBITDA1億円以上
CA1748 WEBメディア 業種詳細:分野は不問
規模:不問(営業利益1億円以上が望ましい)
予算:15億円
CA1747 税理士事務所・社会保険労務士事務所 地域:一都四県中心
予算:5,000万円
CA1746 アウトドア用品製造販売 地域:日本国内、北米、ドイツを中心とした欧州、豪州
CA1745 二輪関連事業 地域:日本国内、北米、ドイツを中心とした欧州、豪州
CA1744 教育サービス 業種詳細:学習塾、英会話教室、保育園、プリスクール
地域:千葉県。東京、埼玉、神奈川も検討
予算:3,000万円
CA1743 不問 業種詳細:製造業がベスト
地域:関東近辺がベスト
規模:EBITDA1億円以上
CA1742 エネルギー・環境関連 地域:不問
規模:不問
CA1741 機械関連 地域:不問
規模:不問
CA1740 建設資材関連 地域:不問
規模:不問
CA1739 医薬関連 地域:不問
規模:不問
CA1738 化学関連 地域:不問
規模:不問
CA1737 人材派遣 業種:医療系の派遣だと尚良
地域:本社が東京
規模:従業員 数十名程度
CA1736 住宅リフォーム 地域:神奈川周辺
規模:不問
CA1735 店舗ビジネス 業種:飲食、サービス等
地域:首都圏が望ましい
規模:20店舗、売上10億円程度が目安。それ以下でも成長性や強みがあれば検討
CA1734 IT関連 業種詳細: IoT、フィンテック、ブロックチェーン、AI(ビッグデータ解析)、AR/VR
地域:不問
規模:不問
CA1733 動画制作受託開発 地域:不問
規模:不問
CA1732 SNSアカウント保有事業 業種詳細:ツイッター、インスタグラムのソーシャルアカウント保有事業
地域:不問
規模:不問
CA1731 コールセンター 業種詳細:チャットができると尚良
地域:不問
規模:不問
CA1730 システム開発 地域:不問
規模:不問
CA1729 CtoCサービス育 業種詳細:特化型C to C、クラウドファンディング、シェアリングエコノミー、サロンなどのWEBサービス
地域:不問
規模:不問
その他:売り切りではなく、ストック型であること
CA1728 社会人向け教育 業種詳細:生涯学習、社会人向け資格取得スクールなど
地域:不問
規模:不問
その他:売り切りではなく、ストック型であること
CA1727 EC 業種詳細:サービスEC(e-learning、旅行、チケット、クーポン等)
地域:不問
規模:売上10億以上が目安
その他:単独でEC事業を運営でき、自社サイトでの売上比率50%以上
CA1726 海外WEBメディア 業種詳細:日本情報サイトなど
地域:東南アジア、南アジア、台湾
規模:不問
予算:数十億円

上記以前の買収希望案件一覧はこちら
買収希望案件一覧(23)(22)(21)(20)(19)(18)(17)(16)(15)(14)(13)(12)(11)(10)(9)(8)(7)(6)(5)(4)(3)(2)(1)

(クラリスキャピタルのブログ記事一覧はこちら

M&A仲介・アドバイザリー会社クラリスキャピタルの、年末年始休業期間について

クラリスキャピタルは年末年始を下記のとおり休業とさせて頂きますので、ご案内申し上げます。
休業期間中は何かとご迷惑をお掛けすることと存じますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

年末最終営業日 : 12月28日(木)

年末年始休業期間 : 2017年12月29日(金) ~2018年1月3日(水) まで

1月4日(木)から平常どおり営業いたします。

なお、緊急(御用件のみの承りになります)及び、営業/休業などの問合わせについては、下記にてお受け致します。

問合わせ先:info「アット」clarisc.co.jp

上記アドレスは、迷惑メール対策のため「アット」で表記しております。お問合わせの際は「アット」を半角の@に変更してご利用ください。

※ ただし、2017年12月28日12時から2018年1月4日までの電話でのお問い合わせはお休みさせていただきます。
・ 電子メールでいただきましたお問い合わせにつきましては、2017年1月4日以降に順次対応させていただきますので、ご了承の程、お願いいたします。

★記事一覧はこちらをご覧ください。

「M&Aを軸に考える特許情報の活用と米国進出セミナー」開催

こんにちは、M&A仲介・アドバイザリー会社のクラリスキャピタルです。

12/8(金)に、「M&Aを軸に考える特許情報の活用と米国進出セミナー」を、Office IP Edge代表弁理士 原田正純様と、株式会社Horizon Management & Integration代表 山川健志様をお招きし、九段下ナレッジソサエティ イベントルームにて開催致しました。

セミナー前半では、原田様が講師として、通常とは視点を変えた「特許情報」の利用方法をご紹介くださりました。

「特許情報」をM&A・事業承継などに活用すること等、具体的な事例を挙げて詳しくお話し頂きましたところ、「実務に活用できる情報を得ることができ、大変満足している」等のご感想が寄せられました。

また、参加者から「知的財産に着目したM&A事例」に関する質問等、多くの質問が寄せられ、特許情報に対する皆様の関心の高さを改めて感じました。

セミナー後半では、山川様が講師として、M&Aによる米国進出の際の注意点についてご紹介くださりました。

山川様は米国にて事業経営を行ってきたプロであり、具体的な事例を用いて、的確なアドバイスをくださりました。

中でもクロスボーダーM&Aの失敗例から、クロスボーダーM&Aにおける注意点や、PMI(買収後の事業の安定化を図ること)の重要性を、経営者の目線から知ることができたのは大変貴重な経験になったと感じます。

セミナーを通して「面白かった」「非常に役に立った」等のご感想が多く寄せられ、セミナーは大変好評でした。また、同様のセミナー開催を希望する方が多数いらっしゃり、皆様の関心の高さを改めて感じました。

今回皆様から頂いたご意見・ご要望を今後に活かし、これからも皆様のお役に立つセミナーを企画・開催して参ります。また、講師や司会者との面談を希望される方がいらっしゃいましたら、お気軽にご連絡ください。

(クラリスキャピタルのブログ記事一覧はこちら

M&A書籍「アジア進出企業の会計・税務(事業展開における実務マニュアル)」ご紹介

こんにちは。M&A仲介・アドバイザリー会社のクラリスキャピタルです。

先日、Can International Group ( http://www.caninternational.co )代表・大久保昭平氏が、『アジア進出企業の会計・税務(事業展開における実務マニュアル)を出版されました。

概要
本書は①進出の実務、②事業活動 親会社経理実務、③事業活動 現地経理実務、④クロスボーダーM&Aの実務、⑤撤退の実務、以上の5部構成となっています。

進出支援・M&A・国際税務の経験豊富なプロが、事業展開のフェーズ毎に、かつ日本親会社・海外子会社の視点別に、事例を交えて詳細解説されています。

本書は弊社のようなM&A仲介・アドバイザリー会社だけでなく、日本企業の海外事業展開を担う日本親会社及び海外子会社の管理部の方々にとっても役に立つ、海外事業管理のバイブルとなるでしょう。

 
クロスボーダーM&Aの実務

M&A仲介・アドバイザリー会社であるクラリスキャピタルが特に注目したのが本書の第Ⅳ部「クロスボーダーM&Aの実務」です。

M&Aに際する会社買収・売却価格は当事者の交渉により決定されるため、大きな争点となります。
買収価格のレンジを設定する手法の一つとしてEBITDA倍率という指標を採用することが実務上多いのですが、国内案件におけるEBITDA倍率の水準と、クロスボーダー案件におけるEBITDA倍率の水準に乖離が生じており、クロスボーダーM&Aにおいては価格交渉が難航するケースが多いというのが事実です。

本書の第Ⅳ部「クロスボーダーM&Aの実務」においては、クロスボーダー案件のEBITDA倍率の実績レンジの数値が提供されており、我々のような M&A仲介・アドバイザリー会社にとっては非常に有意義なデータといえるでしょう。

クラリスキャピタルでは、アジア方面のクロスボーダー案件を取り扱うことが増えてきており、先述した価格交渉等の局面だけでなく、会計・税務面においても参考にしたい書籍です。

(クラリスキャピタルのブログ記事一覧はこちら