M&A成約お客様インタビュー1(2)

平成27年4月1日にエリアビイジャパン株式会社(以下「エリアビイ」)がソフィアグループの傘下入りをされました。株式会社クラリスキャピタルはM&Aアドバイザーとしてそのご縁づくりのお手伝いをさせていただきました。

左:エリアビイ 鈴木社長、右:ソフィアグループ 木下社長

左:エリアビイ 鈴木社長、右:ソフィアグループ 木下社長

前回のエリアビイの鈴木社長インタビューに引き続き、今回はエリアビイをソフィアグループに迎え入れた株式会社ソフィアホールディングス 代表取締役 木下 真行 様へインタビューいたしました。

ソフィアグループについて

我々はシステムを軸にお客様の業務を理解し、一気通貫でBtoBのITソリューションを提供しています。
当グループではITソリューションとして必要な全機能-つまり、システム開発・運用、データセンター、インフラ構築・運用、クレジット決済代行、EC、セキュリティなど-をグループで保有しており、各ソリューションをシームレスに連携して、全体のITソリューションとして提供することができます。

ITソリューションに関わる全てを完結して提供できるのは、恐らく当グループだけではないかと自負しております。
お客様にとって、ITに関わる窓口が一つになるというメリットがあります。

私共は、お客様の言葉を理解できる会社になりたいと思っています。
会計、各種業種(不動産、アパレル、健康医療介護など)内の暗黙知を含めた業務知識を身につけ、お客様に必要とされる会社になることが我々の思いです。
IMG_7264s

グループに迎え入れたいきさつ、狙い

我々が今度力をいれようとしている医療介護の分野で病院向けソリューションを提供するのに、セキュリティを担保することが大事なテーマとなります。
私もエンジニアだったので、よくわかりますが、セキュリティを担保することは通常は非常に手間の要する作業が必要となります。
エリアビイのセキュリティソリューションは簡単で、安全でしたので、グループに入っていただくことで、シナジーがあると思いました。
また、我々のアプリケーションとセットで販売できるだろうと思いました。

情報漏えいは企業にとって大問題になります。情報漏えいを防ぐためのニーズはこれからも高いと考えて、グループに入っていただきました。

グループに迎え入れて、思うこと

4月1日にグループに入っていただいて、翌5月にはさっそく、展示会に出展してもらいました。エリアビイのセキュリティソリューション「SWANStor(スワンストア)」は我々の出展よりも人気があったくらいで、好評でした。

月に一回のグループ内交流会にも参加してもらって、コミュニケーションをとっていただいています。

今後、双方のお客様へ提案を行ったり、「SWANStor(スワンストア)」のプロモーションへの投資や、人材採用など、積極的な展開を計画しています。

これから業務資本提携、M&Aなどを考えている方へのメッセージ

財務諸表をあてにせず、ビジネス、つまりシナジーをみることが重要だと思います。
足し算でM&Aをやると失敗します。ビジネスを養う目を養う必要があります。
とはいっても、最後はお相手を信頼するしかありません。

我々は今後も業務上のシナジーのある会社と、業務資本提携やM&Aをしていこうと思っています。

株式会社ソフィアホールディングス
〒160-0022 東京都新宿区新宿6-24-20 KDX新宿6丁目ビル2階(旧Welship東新宿)
代表取締役社長 木下 真行
事業内容 株式等の保有を通じた企業グループの統括・運営等
URL:http://www.sophia.com/

(クラリスキャピタルのブログ記事一覧はこちら

M&A成約お客様インタビュー1(1)

 平成27年4月1日にエリアビイジャパン株式会社(以下「エリアビイ」)がソフィアグループの傘下入りをされました。株式会社クラリスキャピタルはM&Aアドバイザーとしてそのご縁づくりのお手伝いをさせていただきました。

左:エリアビイ 鈴木社長、右:ソフィアグループ 木下社長

左:エリアビイ 鈴木社長、右:ソフィアグループ 木下社長

エリアビイの鈴木社長とソフィアグループの木下社長に、今回のグループ参画について、インタビューいたしました。2回にわたってお届けいたします。

第1回目はソフィアグループ入りを果たしたエリアビイジャパン株式会社 代表取締役 鈴木一成 様へのインタビュー記事です。

エリアビイについて

当社は主にリモートアクセスのソリューション「SWANStor(スワンストア)」を提供しています。
この製品をつかうと、安全に、かつ簡単に、色々なデバイス(スマホ、タブレット)から社内にアクセスすることができます。
約15年の社歴で、700社への導入実績と、2万8千本の出荷実績があります。
最近ですと、クラウド上の仕組みにアクセスするときに、本人やデバイスの確認をしたり、ファイルの漏えいを防ぐクラウド上のセキュリティを提供しています。

IMG_7271s

グループ入りのいきさつ、狙い

事業シナジーが追求できそうなので、ソフィアグループ入りしたいと思いました。
当社はセキュリティをずっとやっている会社なので、ソフィアグループの内部でセキュリティ関係のことを任せてもらったり、グループ内企業のお客様に当社の製品もご提案することができるのではないかと思いました。

グループ入りを果たして、思うこと

ソフィアグループからは信頼いただいていて、自由度をもたせてもらい、のびのびと、忙しくやらせていただいています。
グループに入ってすぐに、展示会にださせていただきました。展示会を通じて反響があり、グループ会社の営業担当と一緒に企業へ提案に出かけています。

ソフィアグループの皆さんも気さくで、毎日楽しくやっています。
会社や部署関係なく、接してくれて、意見の交換があります。業界が近いからか、文化の衝突みたいなのもありませんでした。

ソフィアグループにおいては、クラウドをソフィア総合研究所とクラウド上のセキュリティへの対応や、ナノメディカルが開発していく医療ネットワークにおいてセキュリティを担保する役割を担うなど、グループにも貢献できるように頑張っていきます。
グループの一員として結果をだしていきたいと思います。

これから業務資本提携、M&Aなどを考えている方へのメッセージ

事前に、シナジー効果をいくら想定したとしても、実際には、蓋を開けてみないとわからない、実際にグループ入りしてみないとわからないこがあるのは確かだと思います。

ですが、業務資本提携などをする前に、確認したいことはM&Aアドバイザーをつかって、遠慮せずに聞いておいた方がいいと思います。色々なご希望・ご要望などが経営者にはあると思いますので、これを聞いたら、話が破談になってしまうのではないかなどと怖がらずに聞いたほうがよいです。
もし、聞きたいことを聞いて、それで破談になっても、そういう場合は、もし一緒になってもうまくいかない可能性が高いので、それでよいと思います。

私自身、この項目を聞いたら、会社を成長させるモチベーションが無いのではないかと言われそうで、聞きにくいと思ったことがありましたが、思い切って確認したところ、お相手はそれほど気にしていない事項だったなんてこともありました。

エリアビイジャパン株式会社
〒160-0022 東京都新宿区新宿6-24-20 KDX新宿6丁目ビル2階(旧Welship東新宿)
代表取締役社長 鈴木 一成
事業内容 企業向けソフトウェア、機器の開発、販売
以上に関連するプロフェッショナルサービスの提供
URL:http://www.areabe.com/jp/index.html

次回はエリアビイをソフィアグループに迎え入れた株式会社ソフィアホールディングス 代表取締役 木下 真行 様のインタビュー記事をお届けします。

(クラリスキャピタルのブログ記事一覧はこちら

【パートナー】澁谷 美佳 氏

クラリスキャピタルのパートナーに就任いただいている澁谷 美佳氏(渋谷社会保険労務士事務所 代表)にインタビューしました。

『気楽に相談ができる、人事のコンビニ』渋谷社会保険労務士事務所

dsy_2621当社は社会保険労務事務所として、『気楽に相談ができる、人事のコンビニ』を掲げ、人事顧問、就業規則の作成&見直し、給与計算業務、社員研修、人事労務管理、助成金申請、年金請求代行、会社設立など人事周りのプロフェッショナルサービスをワンストップで提供しております。

クラリスキャピタルをパートナーに選んだ理由

クラリスキャピタルは女性アドバイザーによるきめ細かで真心を込めたサービスを提供するM&A仲介アドバイザリー会社です。当社も私をはじめとして、女性らしい細やかなサービスを提供していることから、サービス提供の姿勢に共感しました。

分野が異なりますが、両社とも企業様向けのサービスを提供しており、中堅中小企業様のお客様が多く、顧客層が近いことから、クラリスキャピタルのパートナーになることでお客様の経営にかかわる様々なニーズにお応えすることができると思いました。

また、当社では人事労務デューディリジェンスも行っており、クラリスキャピタルとの協力関係のもと、M&Aに関わるトータルサービスを提供して参ります。

【澁谷 美佳氏について】
1983年埼玉県生まれ
跡見学園女子大学マネジメント学部第一期生として入学
在学中に、ファイナンシャルプランニング技能士2級を取得
経済産業省にてアルバイトを経験し、公務員の労働環境を目の当たりにし労働法に興味を持つきっかけとなる
女性労働について研究した卒業論文は最優秀論文賞・横山文野賞を受賞・朝日新聞掲載
2007年 社会保険労務士試験合格
大手監査法人に転職後、人事労務に従事
監査法人時代には多くの女性スタッフのキャリアプラン、労務相談にあたるうち、女性の“ライフ・キャリアバランス”こそ自己の使命と認識する
2013年4月渋谷社会保険労務士事務所開業
(HP:http://www.m-shibuya-sr.com/index.html)

【パートナー】加藤 綱義 氏

このたび、加藤 綱義氏((株)フォーナレッジ 代表取締役)が弊社のパートナーに就任しました。
加藤 綱義氏にインタビューしました。
写真(小)
クラリスキャピタルとの役割分担

私が代表をつとめる株式会社フォーナレッジは東海・近畿地方の飲食業のM&Aコンサルティング、アドバイザリーを得意とするM&A仲介ブティックです。クラリスキャピタルは東京を拠点にM&A仲介をしており、それぞれの強みを活かして、お客様にM&Aアドバイザリーサービスを提供しています。

 

クラリスキャピタルをパートナーに選んだ理由

クラリスキャピタルは案件規模に関わらず、小規模の案件でも、一生懸命、真心をもってお客様のためにM&Aアドバイザリーサービスを提供しているところが私と同じだったからです。今の日本で本当に必要とされているのは、中小、零細企業の事業承継のためのM&Aです。高度経済成長期に生まれた団塊の世代がリタイアを始めた現在、彼らが次の世代への自分たちの事業のバトンを渡すためのお手伝いをしたいという思いで、M&Aコンサルティングをしています。

zasshi
mr kato

 
画像は雑誌「WINE-WHAT!?」vol.1 2014 Julyのインタビュー記事

【加藤 綱義氏について】
1969年 愛知県生まれ
1992年 早稲田大学教育学部英語英文学科卒
大学卒業後、日本電信電話(現NTT)に入社し、広報・営業などを担当。その後、教育・外食のフランチャイズを展開する会社でM&A責任者をつとめる。
2011年 株式会社フォーナレッジ設立
東海・近畿地方の飲食業のM&Aコンサルティング、アドバイザリーを得意とする。

息抜きはワインと日本酒。

非営利型一般社団法人 国際生涯学習教育研究所 代表理事 清水英典様 インタビュー

非営利型一般社団法人 国際生涯学習教育研究所(LLL)
代表理事 清水英典様(玉川大学教育学部教育学科教授) インタビュー
「中高年の方々へICT活用支援、起業支援をしています」

生涯学習としてのITリテラシー教育普及活動を行われている非営利型一般社団法人 国際生涯学習教育研究所(Lifelong Learning Laboratory以下「LLL」)の代表理事 清水英典様(玉川大学教育学部教育学科教授)にお話しをお伺いしました。

mr.shimizu1
非営利型一般社団法人 国際生涯学習教育研究所(LLL)について

当法人は、中高年の方々に向けて、ITリテラシー教育普及活動を行っています。
中高年の方は知恵・経験がおありにもかかわらず、ITリテラシーがないために、それを生活・仕事に効率的に生かし切れていない状況があります。
逆に言えば、知恵・経験にITがツールとして加わることで、生活・仕事の質が格段に上がる可能性が高まると考えています。

Red grape leaf with drops of rain

清水英典様について

私はこれまで、教育機関でICT(Information and Communication Technologyの略。情報通信技術。)教育を行ってきました。現在、玉川大学教育学部教育学科にて教壇に立っています。私自身、来月で64歳になり、まさに中高年の年齢ですが、同年代のITリテラシーが低い方が多いというのが実感です。私たちは一般的には会社を退職する年齢にいますが、寿命は延び、その後も長い人生が待っています。そこで、生涯学習としてのITリテラシー教育の提供をさせていただくことで、中高年の方々が趣味に活かしたり、豊富な知恵と経験を活かして起業することで、第二の人生をより良いものにしていただきたいという思いでLLLを設立しました。

クラリスキャピタルとのつながり

クラリスキャピタルの牧野氏から当法人へご相談いただいたのが、ご縁のきっかけです。ご相談の内容は、M&Aのお客様にはご高齢のオーナー社長も多く、その中にはメールでコミュニケーションをとることができないお客様もいて、やり取りに苦労しているので、そういったお客様に対して、公益的な観点でICT教育を行う信頼できる機関を探されているということでした。今後、ご希望されるクラリスキャピタルのお客様に対して、ICT支援講座を提供する予定です。

29c937f6f898f15c79db104084e86ab2_s

LLLの中高年の方々へのICT活用支援・起業支援

中高年の方々に対するICT活用支援(主としてiPadの利用方法)や、起業支援を無償で行います。

ICT活用支援
具体的にはパソコンスキルの初心者の方を対象に、iPadなどのタブレットの利用方法、文字入力、メール、情報取集方法、写真加工、ビジネス文書をつくれるまでの16単元の教育プログラムを用意しています。
なぜパソコンではなく、タブレットかと申しますと、パソコンほど敷居が高くなく、家電にも近いため、中高年の方々にも取り組みやすく、またビジネスに耐えることのできるツールであると考えるためです。

起業支援
様々な課題を解決するコンテンツ(事業計画の作り方、マーケティングオペレーション、会社設立法務、会計帳簿の作り方等)の支援を無償で行います。
1074baceaf68662efa6df196c6e2678f_s
一般会員申込をこちらからしていただけます(一般会員の概要・参加条件はこちら)。
会員費は無料で、支援も無料で提供しておりますので、生涯教育についてICTや起業というキーワードについてご興味をお持ちの中高年の方々はぜひご参加ください。

 

【非営利型一般社団法人 国際生涯学習教育研究所(LLL)について】
学校教育及び生涯学習の場において、遠隔交流学習及びデジタル機器を利用した普及と振興に関する活動を行い、利用推進活動に寄与することを目的として活動。
代表理事 清水英典
所在地 〒102-0074東京都千代田区九段南1-5-6りそな九段ビル5階
(URL:http://www.lll.or.jp/)

【パートナー】株式会社イノベーション 代表取締役 新田憲佑氏

株式会社イノベーション 代表取締役 新田憲佑氏
「クラリスキャピタルとの強力なパートナーシップ」

株式会社イノベーションに当社代表の牧野がパートナーとして参画いたしました。株式会社イノベーション 代表取締役 新田憲佑氏にインタビューいたしました。

nitta sama

株式会社イノベーションについて

当社は”「経営者の右腕」としての価値創造を!”という理念のもとに、オーナー経営者や大手企業に対して、経営戦略コンサルティングサービスを提供しています。
特に、新規事業開発の戦略立案から実行支援のコンサルティングを得意としており、具体的にはリアルな既存事業にWEBやITをミックスする「リアル×WEB/IT」の新規サービスの開発を多く手掛けています。

パートナーにクラリスキャピタル代表の牧野氏

当社は経営戦略コンサルティングを軸として、ワンストップでお客様の経営を支援するために、パートナーとして各方面のプロフェッショナルの方を迎えいれています。
今回、M&Aサービス提供のプロフェッショナルとして、クラリスキャピタルの牧野安与氏を当社のパートナーとして迎えいれました。
私もクラリスキャピタルにパートナーとして就任することになりました。
双方のパートナーシップのもと、お客様に対して、より高度なサービスを提供していく所存です。

Colorful tomatoes on rustic background

【株式会社様イノベーションについて】
事業内容 戦略・実行コンサルティング、事業開発コンサルティング、事業戦略×IT・WEB開発、戦略・実行コンサル×研修
代表者 新田憲佑
所在地 〒105-0012 東京都港区芝大門2丁目10番4号-501
(URL:http://innovation-asia.jp/)

【お客様の声】株式会社KANATA 取締役副社長(ウイニング副代表)中田 隆三様

株式会社KANATA 取締役副社長(ウイニング副代表)中田 隆三様

「クラリスキャピタルは実力があるM&A仲介ブティックです」

株式会社KANATA 取締役副社長(ウイニング副代表)中田 隆三様にインタビューいたしました。

__ 1

クラリスキャピタルとの取組み

当社では「中期成長戦略立案」及び、「買収による成長戦略」など、 M&A実務前のフェーズにてコンサルティングサービスを提供しています。その次のフェーズであるM&A実務についてはクラリスキャピタルが担当するという双方の強みを活かした役割分担で協同しています。

クラリスキャピタルをパートナーに選んだ理由

M&A仲介・アドバイザー会社は多くありますが、その実力には差があるというのが、正直な実感です。クラリスキャピタルはM&A仲介会社の中で、M&Aをまとめる力、代表の牧野さんのM&Aにおける実績、細やかな対応など、安心して役割分担を担える実力があるので、M&Aで協同させていただいています。

KANATAのM&A実務前コンサルティングサービスについて

当社ではM&A実務前のフェーズにおける「中期成長戦略立案」及び、「買収による成長戦略」などのコンサルティングサービスを提供しています。

service1

service2service3service4
service5

【株式会社様KANATA様について】
「中期成長戦略立案」及び、「買収による成長戦略」など、 M&A実務前のフェーズにてコンサルティングサービスを提供。
また、コンサルティングファーム出身のメンバーがその経験を生かして、大学向け「ウイニング就活塾」、法人向け「個別研修・少人数研修」、社会人向け「考えるエンジン講座」や契約社員向け「SPI攻略プログラム」などの研修サービスを提供している。
(URL:http://kanata-win.jp)

KT様からの『M&Aによる事業再生の実務』書評

こんにちは、クラリスキャピタル 代表の牧野です。

知人のKT様(女性)から、『M&Aによる事業再生の実務』の感想と励ましのメールをいただきました。

ご本人の承諾も得まして、メールを掲載させていただきます。

9556b1f614de97591f546194ff892b78_s

******************
牧野さんの設立した会社のHP、
あと牧野さんが共同で書かれた本も図書館で見つけたので、借りてきて、このお盆休みに拝読させていただきました。

元々本を読むのは好きで、図書館には週に1度は必ず行くので、前回借りた本を返しに行って牧野さんの本を見つけました。

事業再生とか、M&Aって、本当はもっとややこしく、難しいものだと思っていたのですが、
ストーリー仕立てになっていて、全く知らない私でも、本当にわかりやすく解説されていました。
と同時に、もっと興味が出てきて、実務では具体的にはどういう風に
アプローチしていくんだろうとすごく興味が沸いてきました。

そういうお仕事を されている牧野さんって本当にすごいなぁ!と改めて感じました。
HPもセンス良く、女性というだけで安心して相談できそうな感じですよね。

6a1646b7400953c3cf5231ec0f10ffb3_s実は、言っていませんでしたが、行政書士の資格は持っているんです。
ただ、実務をつもうとしても、資格を持っていたからといってどこも雇ってくれず、
はっきり言って、採用してくれるかどうか、電話かけまくったんですけど、群馬・栃木は全滅でした(笑)

だから、仕方なく、今の会社で頑張ってるんですけど。
司法書士を持っていれば、また違うんでしょうけどね。

司法書士の勉強はちょっとずつやってるんですけど、まだ受験するレベルでもなく(笑)
・・・だめですね、悲観的になっちゃって。

だからこそ、とっても興味が沸きました。

HPも更新、楽しみにしてますので、頑張ってくださいね!
私も頑張ります。
******************

皆様の温かい応援のお気持ちに支えられており、心から感謝しております。

【お客様の声】トライアンフコーポレーション小澤社長

株式会社トライアンフコーポレーション小澤社長インタビュー
「クラリスキャピタルは頼りになるM&Aアドバイザーです」

株式会社様トライアンフコーポレーションの小澤 勝社長にインタビューいたしました。

Mr.ozawa1

クラリスキャピタルとの出会い

M&A仲介会社とは多くの付き合いがありますが、M&Aアドバイザーという仕事は究極的には個人の力量に左右される仕事だと感じています。
クラリスキャピタルの代表の牧野氏とは同氏の前職から長いお付き合いをしています。
いろいろな案件でご一緒する中で、牧野氏は非常に信頼を置いているM&Aアドバイザーの一人でしたので、独立されてからも、引き続き、情報交換をしています。

M&Aアドバイザーに求めること

M&Aアドバイザーに求めることは、M&Aアドバイザーとして会計・税務・法律に関する知識、的確なアドバイスができることは当然ですが、これに加えて、クラリスキャピタルは細やかな対応、粘り強い姿勢、素早い対応などができる会社です。ビジネスマンとして基本的なところをきっちりできる、クラリスキャピタルは地味だけど(笑)、頼りになる誠実な会社です。

【株式会社トライアンフコーポレーション様について】
同社は、創業以来十余年ソフトウェア技術をコア・コンピタンスと位置付けて、ITコンサルティング、システ ム・エンジニアリング・サービス、人材派遣サービス、教育サービスなど、コンピュータ・システムに関する多様なサービスを提供されています。
2011年1月、同社企業グループの発展を戦略的に牽引する体制を構築する目的から、同社は、情報技術事業に関する経営資源をインフォメーションサービスフォース株式会社(完全子会社)へ事業譲渡して、偉業を志す企業グループ(United Enterprises of Triumph)の純粋持株会社へ移行されました。
同社グループは、グループ経営によって経営の効率化と成長の加速を目指しており、その中心となるトライアンフコーポレーションは、第一に事業子会社の内部成長を促進させ、第二にM&Aによって事業規模又は事業領域を拡大する外部成長を促進させることをミッションとして企業価値向上に取り組んでいらっしゃいます。
(URL:http://www.uet.jp 、グリーンシート指定 証券コード3651)

【お客様の声】会社売却を果たしたAE様

<お客様の声>
クラリスキャピタルで会社売却を果たしたAE様
弊社で会社売却を果たされたAE様にインタビューいたしました。

7385ba5b398d51d97b83837512c7bd71_s

 

Q.弊社クラリスキャピタルをM&Aアドバイザーにお選びいただいた理由を教えてください。

A.私が経営する会社が大きくないため、売れるのかどうか不安でした。その中でクラリスさんは着手金が無く、成功報酬もリーズナブルだったことと、無料相談で「売れると思います」と言っていたただいたことが大きかったです。

複数のM&A仲介会社に相談に行きましたが、着手金だけで数百万円もしたり、成功報酬も含めた手数料総額が一千万円という見積もりを提示したところもありました。売却価格は数千万円程度と思っていましたし、売れるどうかわからないのに、着手金を支払うことは考えられませんでした。

また、「うちでは相手を探すことはできない」と言われて、断られたこともありました。その中で、クラリスさんからは「売れると思います」と言っていただき、クラリスさんにM&A仲介を依頼することに決めました。実際に複数社から意向表明をいただきましたので、クラリスさんの判断は間違いなかったと感じました。

Q.AE様は30代前半とお若いですが、なぜM&Aで会社を売却されようと思われたのでしょうか。

A.体調面で優れず、会社経営にも力が入らない状況になっていました。設立6年目で安定した財務状況にありましたが、攻めの経営ができなければ、いずれ事業は縮小していくだろうと思いました。それならば、大手の安定した企業のグループ化入りすることで、自社の成長をめざし、自身はいったん、創業者利益を確定し、経営のプレッシャーから離れ、健康回復に専念したいと思いました。

ビジネスイメージ メンズ 男性

Q.M&Aをされてよかったですか?

A.M&Aの交渉では予想外の提案をお相手からされるなど、正直、もう一つ提案がでてきたら、辞めようかとおもっていたほど、最後までどうなるかわかりませんでした。気持ちが揺れ動くこともあり、不安な気持ちになったときに、クラリスさんは私の立場にたって、親身なアドバイスをしてくれました。最終的にはクラリスさんのアドバイスのもと、お相手との交渉の末、株式譲渡(会社売却)を実現することができました。

いまは、顧問として週4日、売却した会社に勤務しています。時間的・精神的な余裕がでてきたことで、体調管理にも気を配り、体調面がよくなってきました。

たまたまM&A関連のセミナーに数年前に行ったことが、M&Aをしようとおもったきっかけでした。M&Aはオーナー経営者の選択肢として、非常に重要なツールだと実感しました。そのため、今回の売却の経験を生かした経営者向けコンサルティングをしたいと思い、現在会社を立ち上げているところです。