M&A終了後のプロセスである、PMI(Post Merger Integration)についてのご説明

こんにちは、M&A仲介・アドバイザリー会社のクラリスキャピタルです。

PMIとはPost Merger Integrationの略で、M&A後の統合プロセスのことです。統合とは経営統合、具体的には、管理機能(人事など)、業務、コンピュータシステム、企業風土の統合など、つまりは企業・事業活動にかかるあらゆることの統合を言うかと思います。M&Aの成否はPMIにかかっているともいわれます。

042

よく、M&A仲介業界の外にいる方からは「御社はM&A後も面倒をみてくれるの?」ですとか、「M&Aアドバイザーは紹介したM&A案件が成立後、M&Aが成功することに責任ももってくれるの?」など聞かれることがあります。

答えはノーです。われわれM&AアドバイザーはM&Aの取引が終わるまで、クロージング、成約に導くことが仕事です。

(M&Aアドバイザーの業務内容については下記の過去記事をご参照ください。
【Q&A】M&Aアドバイザーの業務内容(1)
【Q&A】M&Aアドバイザーの業務内容(2)

M&A仲介は会社と会社の結婚の仲人役みたいなものと、クラリスキャピタルは説明することがあります。

仲人が、結婚がうまくいくことを保証したり、二人の結婚生活にかかる新居探しや、姓の変更にかかる各種手続きや、二人の心理カウンセリングをするような結婚後の2人の夫婦生活の面倒を見たり、世話を焼くことはありません。夫婦生活は壁にぶつかりながらも、幸せな家庭という目標をもとに夫婦2人で作り上げていくものかと思います。

これはM&Aでも同じです。2人のご縁をとりもつ仲人(=M&Aアドバイザー)と、夫婦生活がうまくいくようにアドバイスする世話焼き人(=PMIコンサルタント)の役割・能力が異なるのです。
041
ちなみに、PMIコンサルといっても、経営統合の範囲は幅広いため、PMIトータルでコンサルティングを提供している会社もあれば、ある一つの機能・分野(管理機能、コンピュータシステム、業務コンサル)についてPMIコンサルを提供する会社もあります。

クラリスキャピタルはM&A仲介アドバイザリー業務に特化しております。PMIコンサルティングのニーズについては、信頼できるパートナーのPMIコンサルティング企業のご紹介をさせていただく形で、M&Aにかかるサービスをノンストップで提供させていただいております。

(クラリスキャピタルのブログ記事一覧はこちら