M&Aにおける買収側のデメリット、企業買収、事業買収について解説

ニューヨーク株取引所こんにちは、クラリスキャピタルです。

今回は買収側におけるM&Aのリスクをみていきましょう。

主にM&A後に顕在化するリスクと言えます。

<買収側のM&Aにおけるリスク>

・財務・税務・法務・ビジネスなどの買収監査において、見つからなかった簿外債務やリスクの存在がM&A後に顕在化するリスク

・譲り受けた会社、事業と自社の文化や従業員の感情的な衝突が生じ、経営に影響を与えるリスク

・M&Aにより譲受対象の会社・事業から人材が流出するリスク

・想定していたようなシナジーが得られないリスク

こういったリスクが考えられます。

こういったリスクを想定し、M&Aのスキームの策定を行い、手当できるリスクについては、事前の手当や対策を講じることになります。