M&Aにおける売却側のメリット、事業譲渡、事業継承、会社売却について解説

herbal flowersこんにちは、クラリスキャピタルです。

M&Aの目的と言いかえてもよいかもしれませんが、M&Aのメリットは何でしょう。

まずは売却側のメリットをみていきましょう。

<売却側のメリット>

・株式、事業の現金化。
モノと同様、ビジネス(株式や事業)を売却することができる。
得た資金で別ビジネスを始めることも可能。

・後継者難の解消。
後継者がいなくても、第三者に売却できる。

・集中戦略の手段としてつかえる
ノンコア事業や不採算事業を売却して、売却資金をコア事業に向けて、コア事業を強化できる。

・協業によるシナジー追及
支配権を渡すのではなく、業務資本提携などの形でパートナーを探すこともできる。

・事業承継
なんらかの理由(後継者難も含む)で事業を続けられない場合、第三者に託すことで、会社や事業を閉じることなく、ブランドや会社名、事業などを承継することができる。

といったメリットがあげられるかと思います。
次回は買収側のメリットを見ていきたいと思います。