M&A仲介・アドバイザリーサービスによる会社売却の期間と注意点について

こんにちは、クラリスキャピタルです。

売主様に「必ず、●●までにクロージングしない」といけないというご事情がある場合は売り急ぐことになり、交渉が不利になります。

スケジュールを優先するために買主サイドの要求を飲まざるを得なくなるのです。
要求の一番はやはり金額で、譲渡代金で大幅に妥協しなくてはならなくなるのが通常です。

025そのお相手との交渉をブレイクして、新たにお相手探しをする時間的余裕があればいいのですが、スケジュールがタイトで、それができなければ、買主の条件を受け売れるしかありません。

M&A自体をやめるという選択肢もあるかもしれませんが、それが状況により叶わない場合、または会社や事業を閉じる選択肢か無いか、清算するより売ったほうが得であれば、いくら減額されようとも、清算価値以上であれば、買主の条件を受け入れて売ることになります。

M&Aはお店でモノをかうように、すぐに済むものではりません。
クロージングまでの期間は大抵、3か月以上かかります(M&Aのクロージングまでの期間についてはこちら)。

そのため、売主様は売り急がなければならない状況は可能な限り排除、または、そういった時期を一旦乗り切ってから、M&Aのお相手探しに動いたほうがよいでしょう。

(記事一覧2014はこちら
 記事一覧2015はこちら