M&A関連トピック:【エメラダ・エクイティ】のご紹介

こんにちは。
M&A仲介・アドバイザリー会社のクラリスキャピタルです。

先日、エメラダ株式会社が、ベンチャー企業への新株予約権の投資ができる、株式投資型クラウドファンディングサービス「エメラダ・エクイティ」をローンチしました。そしてエメラダ・エクイティ一号案件として、Far Yeast Brewing株式会社が資金調達を開始しています。

「エメラダ・エクイティ」とは

・米国の最大手株式投資型クラウドファンディング「エンジェルリスト」
( https://angel.co/invest/start)の日本版。


・手数料無料で、個人投資家がベンチャー企業1社につき49万円まで投資できる。


・投資対象は、エンジェル投資家やベンチャー・キャピタルが出資する企業や、厳格な審査を通過した企業に限定。


・エメラダ・エクイティを通じて、投資が難しかった未上場株式への投資が可能。


・投資家はエメラダ型新株予約権に投資し、主にIPOやM&Aが実現した場合に、株式または金銭を受け取れる。

M&Aとの違いについて

エメラダ・エクイティが、M&Aとどのような点で異なるのか、以下ご紹介いたします。

・デューデリジェンスが必要ない
デューデリジェンスとは、投資やM&A等に際して行われる、対象企業の有する資産の調査活動を指します。法務や財務等、様々な側面から調査を行うことから、非常に困難な作業であり、時間と労力がかかるのが事実です。しかし、エメラダ・エクイティではベンチャー企業を様々な角度から厳格に審査し、通過した企業をご紹介致します。つまり、皆様にはデューデリジェンスという負担がかかりません。


・少額投資が可能である
M&Aとは大きく異なり、ベンチャー企業への少額投資が可能です。最低投資額は1口7万円と設定されており、1社につき49万円まで投資ができます。気軽に投資ができ、ベンチャー企業の成長を支援することができるサービスとなっております。

ベンチャー企業への投資を、リスクを最小限に抑えて行うことができるという投資家にとって良いチャンスになると同時に、ベンチャー企業コミュニティの活性化に貢献できる機会となりそうです。

(クラリスキャピタルのブログ記事一覧はこちら