「M&Aを軸に考える特許情報の活用と米国進出セミナー」開催

こんにちは、M&A仲介・アドバイザリー会社のクラリスキャピタルです。

12/8(金)に、「M&Aを軸に考える特許情報の活用と米国進出セミナー」を、Office IP Edge代表弁理士 原田正純様と、株式会社Horizon Management & Integration代表 山川健志様をお招きし、九段下ナレッジソサエティ イベントルームにて開催致しました。

セミナー前半では、原田様が講師として、通常とは視点を変えた「特許情報」の利用方法をご紹介くださりました。

「特許情報」をM&A・事業承継などに活用すること等、具体的な事例を挙げて詳しくお話し頂きましたところ、「実務に活用できる情報を得ることができ、大変満足している」等のご感想が寄せられました。

また、参加者から「知的財産に着目したM&A事例」に関する質問等、多くの質問が寄せられ、特許情報に対する皆様の関心の高さを改めて感じました。

セミナー後半では、山川様が講師として、M&Aによる米国進出の際の注意点についてご紹介くださりました。

山川様は米国にて事業経営を行ってきたプロであり、具体的な事例を用いて、的確なアドバイスをくださりました。

中でもクロスボーダーM&Aの失敗例から、クロスボーダーM&Aにおける注意点や、PMI(買収後の事業の安定化を図ること)の重要性を、経営者の目線から知ることができたのは大変貴重な経験になったと感じます。

セミナーを通して「面白かった」「非常に役に立った」等のご感想が多く寄せられ、セミナーは大変好評でした。また、同様のセミナー開催を希望する方が多数いらっしゃり、皆様の関心の高さを改めて感じました。

今回皆様から頂いたご意見・ご要望を今後に活かし、これからも皆様のお役に立つセミナーを企画・開催して参ります。また、講師や司会者との面談を希望される方がいらっしゃいましたら、お気軽にご連絡ください。

(クラリスキャピタルのブログ記事一覧はこちら