【買収をお考えのお客様】お相手への印象

こんにちは、クラリスキャピタルです。

買収をお考えのお客様はM&A案件について、情報を精査し、検討し、進めるかどうか判断されるわけですが、売主様も同様に買主様が譲渡するお相手としてふさわしいかをみているということに注意する必要があります。

M&A案件情報の提供段階、トップ面談や、交渉における各段階を通して、売主様はお相手の買主候補様のことを吟味されています。

M&Aの取引条件に双方様の合意が形成されていても、買主様の言動に失礼があったり、資金力に不安があれば、売主様のほうからお断りされることがございます。

タルト前回の【買収をお考えのお客様】ご相談からの流れで書かせていただいたように、M&Aの売り案件については不動産情報のようにすぐ情報を出せません。

これは、まずは案件をご紹介させていただいても大丈夫なお相手先か確認するためのプロセスが弊社、売主様にとって必要だからです。

お客様(買主候補様)がどのような会社様か、どのような意図でM&Aをお考えか、M&Aの資金力等をお持ちの会社様か確かめさせていただいていだき、売主様へお客様への案件ご紹介の承諾を得てからのご紹介になります。

特に、買主様のコーポレートサイトがなく、会社案内もご用意がなく、ネット上にも全く情報がない場合、情報不足によって、売主様は買主様に対する判断が難しくなります。

そのため、このような場合、買主様は売主様へ自己紹介の機会が訪れることに備えて、会社紹介の書面を作成したり(もちろん会社案内を作成されるのがベストですが)、個人で買収をお考えのお客様はご自身のご経歴やプロフィールを作成されるとよいかと思います。

また、M&Aで具体的にお話しが進んだ場合、資金力を確認させていただくために、買主様の決算書等の財務情報をいただくことがございます。

(クラリスキャピタルのブログ記事一覧はこちら

【買収をお考えのお客様】ご相談からの流れ

こんにちは、クラリスキャピタルです。

Beautiful little girl wearing floral wreath買収をお考えのお客様からお問い合わせいただいて、M&A案件(会社・事業売却案件)をご紹介させていただく流れは下記の通りです。

①お問い合わせ
まずはクラリスキャピタルHPのお問い合わせページからお問い合わせください。

②ご面談
ご面談にて、弊社のご紹介をさせていただき、買主様の会社概要、M&Aをされたい意図・戦略、買収のターゲットとされるご希望内容、M&Aのための資金計画等についてお伺いし、買主様への理解を深めます。
買主様への理解を深めてよりマッチする案件のご紹介ができるように、「会社HPをみてもらえればわかる」ではなく、買主様から事業の概要などをご説明いただいたほうが有難く存じます。

③ノンネームシートによる案件のご紹介
「②ご面談」でいただいたご希望にマッチしそうなM&A案件(売り案件)がございましたら、ご紹介させていただきます。
ただし、売主様に買主様(お客様)へのご紹介の承諾を得られた場合のご紹介となります。
これは、買主様と売主様の間で、事業上の取引関係などがあり、ご紹介した場合、売主様の営業に支障が出ることがあるため、ノンネームシート(対象会社様を明示していない案件概要書)での情報提供の段階でも、弊社では売主様にご紹介する買主候補様についてご紹介の可否をご確認いただいております。
(売主様と関係が深い買主様ですと、ノンネームシートでも対象会社様を特定できることがあるため)

このようなプロセスを経るため、「②ご面談」の段階でマッチしそうなM&A案件(売り案件)がございましても、基本的には「②ご面談」での案件のご紹介はなく、こちらの段階でのご紹介となります。

また、売主様の承諾が必要になるため、ご興味をお持ちいただいた弊社のM&A案件(売り案件)がございましても、必ずご紹介できるわけではございませんので、ご了承いただけますと幸いです。

④詳細開示
買主候補様にノンネームシートでご興味をお持ちいただき、よりご検討を具体的に進めていただく場合、弊社と秘密保持契約を締結の上、詳細の開示をさせていただきます。

その後、トップ面談や意向表明書提出などM&Aの具体的な流れへと進んでまいります。

(クラリスキャピタルのブログ記事一覧はこちら

介護業界M&A動向

こんにちは、クラリスキャピタルです。

本日、高齢者住宅新聞社 様(有料老人ホーム・高齢者住宅・特養・老健事業者のための経営情報紙、「高齢者住宅新聞」を週刊で発行)から介護業界のM&A動向とクラリスキャピタルについて取材を受けました。

shinbun

クラリスキャピタルは業界業種特化せず、M&A仲介・アドバイザリーをさせていただいておりますが、介護事業のM&Aの取り扱いは比率的に高いといえます。
これは、2015年4月の介護保険法改正が介護業界のプレーヤーの行動に影響を与え、またこれを契機に大きな再編の波が迫りつつあることの現れであるといえるかもしれません。

1074baceaf68662efa6df196c6e2678f_s

介護業界M&Aの現場においては大なり小なり、売主様・買主様にとって、今回の介護保険法改正が売却理由や、交渉段階、M&A後の運営についてなど、お考え・意思決定に影響を及ぼし、トピックとなっております。

2月頃に今回の取材記事が週刊で発行されている高齢者住宅新聞に掲載される予定とのことで、掲載いただきましたら、あらためてご案内させていただきます。

海外投資家新聞に弊社代表の取材記事掲載

こんにちは、クラリスキャピタルです。

世界に挑む個人投資家のための総合サイト「海外投資家新聞」の「グレート・プレジデント」というコーナーにてクラリスキャピタル代表の牧野の取材記事を掲載いただきました。

shinbun

M&A成功に向けて、誠心誠意のお手伝いを」と題して、下記の質問に答える内容となっております。

Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください
Q2.黒字経営の秘訣を教えてください
Q3.座右の銘

「◆お知り合いのグレート・プレジデント◆」には弊社パートナーにご就任いただいている舘野愛氏への取材記事がリンクされております。

M&Aターゲット企業アプローチサービスについて

こんにちは、クラリスキャピタルです。

今回はクラリスキャピタルのサービスの一つであるM&Aターゲット企業アプローチサービスについて、詳しくご説明させていただきます。

a30dffac4841242387d1abd50cbff7a1_sアプローチサービスはクラリスキャピタルブログ「希望のM&A(売却)案件がでてこない」で書かせていただいたように、買収をお考えのお客様がご希望の案件がでてくるのを待つのではなく、ターゲットとなる企業様にアプローチする攻めのアプローチをお手伝いするサービスです。

アプローチサービスの大まかな流れは下記のようになります。

アプローチサービスの基本的な流れ

  1. お打ち合わせ
    お客様が買収されたいとしている背景、目的、ターゲット企業、今後のスケジュール、アプローチの詳細決定などのためのお打ち合わせいたします。
  2. アプローチレターの作成・発送
    クラリスキャピタルがアプローチレターの案を作成して、お客様に内容をご確認いただきます。
    内容が固まりましたら、クラリスキャピタルがターゲット先様にアプローチレターを発送します。
  3. お電話によるアプローチ
    アプローチレターが到着したことろを見計らって、クラリスキャピタルがターゲット先様にお電話をします。アプローチレターの提案内容にご興味をお持ちいただいた場合には、一度ご説明に上がりたい旨をお話しします。
  4. ターゲット先様とのご面談
    クラリスキャピタルがターゲットの先様にレターの趣旨を説明に参ります。
    お客様のご希望によって、お客様と一緒にお伺いすることもあります。

上記の流れは基本的な流れであり、ターゲットとする企業様が属する業界の特性や、お客様やターゲット企業様との関係や様々な状況により、アレンジを加えます。

7385ba5b398d51d97b83837512c7bd71_sアプローチサービスにはターゲット企業様の情報・調査にかかる費用などは含まれておりません。そのため、ターゲット企業様の株主構成、財務情報を入手されたい場合には、お客様により調査会社等からご入手いただきます。または、弊社から信頼のできる調査会社をご紹介させていただくこともできます。

ターゲットの先様が東京から遠方に位置する場合、ご面談にかかるクラリスキャピタルの交通費はお客様に旅費交通費の実費をご負担いただきます。

ご面談まで進む確率は業界にもよりますが、およそ5~10%程度というのが実感です。ターゲットの先様に売却などのニーズがあるかわからないところへのアプローチですので、決して高い確率ではございません。そのため、できれば数社様へのアプローチではなく、10-20社くらいのアプローチをしていただきますと、1-2社様とはご面談まで進めることが多くなります。

024

ご利用料金について
2015年1月より1社様(一つの先様)へのアプローチの料金を、下記の通り料金を改定させていただきました。

1~5社様へのアプローチ 1社あたり5,000円(税別)
6~10社様へのアプローチ  1社あたり4,400円(税別)
11~20社様へのアプローチ  1社あたり4,100円(税別)

※承るのは一回につき20社様までとさせていただきます。

新年のご挨拶

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

弊社は本日から営業を開始いたしました。

昨年は弊社を設立し、M&A仲介・アドバイザリー業を開業いたしました。
これもひとえに皆様方のご支援とご愛顧の賜物であると心より深く感謝しております。厚くお礼申し上げます。

本年もより良いご縁づくりをさせていただくことで、社会に貢献して参りたいと存じます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

029

株式会社クラリスキャピタル
代表取締役
牧野安与